Top >  マドンナたち >  伊藤 蘭(いとう らん) 第26作 寅次郎かもめ歌

伊藤 蘭(いとう らん) 第26作 寅次郎かもめ歌

寅さんのテキヤ仲間のひとり娘、水島すみれを演じるのはキャンディーズのランちゃん。

正確にはこの作品が公開された1980年から3年前の1977年に「普通の女の子に戻りたい!」の日本芸能史に残るセリフを残してキャンディーズは解散しているので、女優、伊藤蘭としてマドンナに抜擢されたことになります。

寅さんが死んだテキヤ仲間に娘の面倒をみると約束したことから、上京してからはタコ社長の紹介でコンビニに就職し念願の定時制高校にも通う。 

函館から上京した恋人の貞男と結ばれることになって寅さんの恋は終わるのだが、この時の寅さんの想いは恋人というより、むしろ娘に溺愛する父親の様に映ります。

身寄りがなくなり、純粋に勉強がしたくて、東京で働きながら・・・・というこの純粋な少女役にピッタリのキャスティングですが、「8時だよ全員集合」や「見ごろ、食べごろ、笑いごろ」など、当時のバラエティー番組でコミカルな演技をこなしていたランちゃんと違う魅力を存分に見せてくれました。

キャンディーズ時代の仲間、スーちゃんこと田中好子も「土佐の一本釣り」で好演しているんですね。

詳しい情報はこちら⇒ ウィキペディアでどうぞ。

 

 <  前の記事 大原麗子(おおはられいこ) 第22作 噂の寅次郎 第34作 寅次郎真実一路  |  トップページ  |  次の記事 寅さん 40周年記念プロモーション映像  > 





延滞料なし!忙しい人のためのオンラインDVD&CDレンタル『TSUTAYA DISCAS』

プロに聞いちゃおう!クチコミおすすめ国内旅行【JTB スタッフけんさくん】

京都おこしやす.com

クチコミで選ばれたじゃらん人気宿ランキング。

全国の名産・特産お取り寄せ 47CLUB

温泉遺産の宿