Top >  マドンナたち >  大原麗子(おおはられいこ) 第22作 噂の寅次郎 第34作 寅次郎真実一路

大原麗子(おおはられいこ) 第22作 噂の寅次郎 第34作 寅次郎真実一路

「噂の寅次郎」では、職業安定所の紹介でとらやで働き始めた「早苗」役。早苗の従兄弟で高校教師の添田(室田日出男)が早苗に想いを寄せる。

早苗のために貯金していた添田は、寅さんに貯金通帳と手紙を預けて去ろうとするが、添田の気持ちにようやく気がついた早苗は寅さんの一言「今なら間に合う。後を追え!」に押されて小樽に旅立つ。

当時32歳の大原麗子。 とらやでの女店員姿に惚れ惚れしたのは寅さんだけではないでしょう。

「寅次郎真実一路」では、失踪した夫を鹿児島に探す「富永ふじ子」役で当時38歳。

大人の女性。 ちょっと勝気で、実は情にもろい。影に回って男につくす。そんなキャラの女優さんでした。団塊の世代には同世代の親しみもあったでしょう。

そんな彼女のキャラクターをものの見事に引き出したのが、サントリーレッドのCM。

秒単位に作品にドラマがあって、当時は本当に魅せられました。

「好感度No1女優」の名を欲しいままにしていた絶頂期の出演でした。

一昨年、他界のニュースは衝撃であり、またひとり日本の女優さんがいなくなってしまったことを凄く寂しく思いました。

 

 



以下、Wikipedia から。

大原 麗子(おおはら れいこ)1946年11月13日 - 2009年8月3日
 
東京都文京区出身で、実家は老舗の和菓子屋。北豊島高等学校卒業。

1964年(昭和39年)、ドラマ『幸福試験』(NHK)への出演でデビューし、翌年、東映に入社した。

佐久間良子主演の『孤独の賭け』で初めて本格的な映画出演をし、以後、高倉健の『網走番外地』シリーズや、梅宮辰夫の『夜の青春』シリーズをはじめ数々映画とテレビドラマに主演。

テレビCMへの出演も多く、とりわけ1977年(昭和52年)から1987年(昭和62年)まで出演していた、サントリーレッドのCMは、「すこし愛して、なが~く愛して」のキャッチコピーとともによく知られた。また、歌手として数枚のレコードをリリースしている。

出演作品
~ 映画 ~
・孤独の賭け(1965年、東映) - 乾美香
・可愛いあの娘(1965年、東映) - ゆみ
・いろ(1965年、東映) - はつえ
・ダニ(1965年、東映) - 幸子
・かも(1965年、東映) - 村井ゆき
・地獄の波止場(1965年、東映) - ユキ
・夜の悪女(1965年、東映) - ひさ子
・網走番外地シリーズ
・網走番外地 北海篇(1965年、東映)[9] - 弓子
・網走番外地 荒野の対決(1966年、東映) - 路子
・網走番外地 南国の対決(1966年、東映) - 夏子
・網走番外地 大雪原の対決(1966年、東映) - 汐見千恵
・網走番外地 決斗零下30度(1967年、東映) - 路子
・夜の牝犬(1966年、東映) - むる
・昭和最大の顔役(1966年、東映) - 河井玲子
・女犯破戒(1966年、東映) - おころ
・非行少女ヨーコ(1966年、東映) - アコ
・男なんてなにさ(1966年、東映) - ミキ
・赤い夜光虫(1966年、東映) - 板斎昌子
・太陽に突っ走れ(1966年、東映)
・浪曲子守唄(1966年、東映) - 照子
・ボスは俺の拳銃で(1966年、東映) - 明美
・続浪曲子守唄(1967年、東映)
・喜劇 急行列車(1967年、東映) - 遠藤洋子
・北海遊侠伝(1967年、東映) - 千恵
・柳ケ瀬ブルース(1967年、東映) - 矢頭裕子
・ドリフターズですよ! 前進前進また前進(1967年、東宝) - ミッコ
・河内遊侠伝(1967年、東映) - 杉本美世
・尼寺(秘)物語(1968年、東映)「(秘)」は「丸」印内に「秘」の字。 - はな
・続決着(1968年、東映) - 佐和子
・あゝ予備練(1968年、東映) - 川崎素子
・(秘)トルコ風呂(1968年、東映) - 卵子
・不良番長(1968年、東映) - お豊
・大奥絵巻(1968年、東映) - お町
・夜の歌謡シリーズ 「長崎ブルース」(1969年、東映) - 萩京子
・三匹の牝蜂(1970年、東映) - 主演・美奈
・座頭市あばれ火祭り(1970年、大映) - お喜代
・大幹部 ケリをつけろ(1970年、日活) - 葉子
・奇妙な仲間 おいろけ道中(1970年、東宝) - 矢津子
・経験(1970年、東映) - 平松あき子
・喜劇 トルコ風呂 王将戦(1971年、東映) - 佐々木礼子
・湯けむり110番 いるかの大将(1972年、東宝) - 豆千代
・喜劇 黄綬褒賞(1973年、東宝) - チエ
・獄門島(1977年、東宝) - 鬼頭早苗
・柳生一族の陰謀(1978年、東映) - 出雲の阿国
・火の鳥(1978年、東宝) - ヒナク
・男はつらいよ 噂の寅次郎(1978年、松竹) - 荒川早苗
・セカンド・ラブ(1983年、東映) - 日向一実
・居酒屋兆治(1983年、東宝) - 神谷さよ
・おはん(1984年、東宝) - おかよ
・男はつらいよ 寅次郎真実一路(1984年、松竹) - 富永ふじ子
・新・喜びも悲しみも幾歳月(1986年、松竹) - 杉本朝子
・源氏物語(アニメーション映画、1987年、日本ヘラルド映画) - 藤壺の宮(※声の出演)

~ テレビドラマ ~
・幸福試験(1964年 - 1965年、NHK)
・青春ホームドラマ「チコといっしょに」(1965年、NTV)
・弁慶(1965年10月 - 1966年3月、NTV)
・素浪人 月影兵庫 第1シリーズ 第12話「赤い渦が捲いていた」(1966年、NET・東映) - お里
・とく妻さん(1967年、NTV・東映)
・こりゃまた結構(1967年、TBS)
・銭形平次(CX・東映)
・第81話「質札の娘」(1967年) - おみね
・第192話「春の風来坊」(1970年) - お峰
・平四郎危機一発 第12話(1967年、TBS)
・日産スター劇場「除夜の鐘よバラ色に鳴れ」(1967年12月30日、NTV)
・愛妻くんこんばんは 第14回「分割払いの愛」(1968年1月7日、TBS・日活)
・NHK大河ドラマ(NHK)
・「竜馬がゆく」(1968年) - 喜勢
・「勝海舟」(1974年) - 梶久
・「獅子の時代」(1980年) - もん
・「山河燃ゆ」(1984年) - 三島典子
・「春日局」(1989年) - 春日局
・「徳川慶喜」(1998年) - れん(ナレーション兼任)
・泣いてたまるか 第71話「ひとりで乾杯!」(1968年1月28日、TBS・国際放映)
・ナショナル劇場(TBS)
・顎十郎捕物帖(1968年)
・S・Hは恋のイニシャル(1969年)
・日産スター劇場「おじゃまさま」 第3話(1968年、NTV)
・あひるヶ丘77(1968年、NTV・東映)
・連続カラーテレビ映画「泥棒育ちドロボーイ」 第5・10 - 13話(1968年、NTV)
・五人の野武士 第15話「剣豪 故郷へ行く」(1969年、NTV・三船プロダクション) - おのぶ
・守ルモ攻メルモ(1969年、TBS)
・仇討ち 第20話「夫婦剣法」(1969年2月12日、TBS・東京映画)
・あゝ忠臣蔵(1969年、KTV・東映) - 俵星玄蕃の妹・しの
・なんでも引きうけ候 第12話(1969年、MBS)
・・火曜劇場「ごちそうさん」(1969年、KTV) - マキ
・鞍馬天狗(1969年、NHK)
・大坂城の女(1970年、KTV・東映) - 秀吉の側室・香の前
・独身のスキャット(1970年、TBS・円谷プロダクション) - あやめ
・青春太閤記 いまにみておれ! 第2・3話(1970年、NTV・歌舞伎座テレビ室)
・大岡越前 第1部(TBS)
・第7話「濡れぎぬ」(1970年) - おるい
・第24話「蛇の目傘の女」(1970年) - おみの
・時間ですよ(TBS)
・第1シリーズ(1970年)- 第21話
・第2シリーズ(1971年)- 新宿十二社の芸者・金太郎(第52回)
・銀河ドラマ「大風呂敷」(1970年、NHK)
・二人の刑事 第3話(1970年、TBS)
・水戸黄門 第2部(1970年 - 1971年、TBS)
・恋愛術入門(TBS)
・第12回「イチ・タス・イチは?」(1971年1月10日)
・第20回「男の賭けは高くつく」(1971年3月7日)
・冬の雲(1971年、TBS) - 京子
・徳川おんな絵巻(1971年、KTV)
・第17話「十八年目の浮気」
・第18話「女上位の天国」
・親ばか子ばか(1971年、TBS)
・オレンジの季節(1971年、CX)
・てるてる坊主(1971年、CX)
・十手野郎捕物控 第6話(1971年、TBS)
・おらんだ左近事件帖 第3話「尼になった姉妹」(1971年、CX)
・江戸巷談・花の日本橋 第5・6回「男一匹・一心太助」(1971年、KTV)
・人生劇場(1971年、NET)
・新だいこんの花(1972年、NET)
・24時間の男(1972年、TBS)
・家族会議(1972年、NHK)
・大江戸捜査網 第90話「大暴れ!娘スリ」(1972年、12ch)
・鉄道100年 大いなる旅路(1972年、NTV)
・忍法かげろう斬り 第7話「辻斬り将軍」(1972年、KTV)
・地の果てまで(1972年、TBS)
・にんじんの詩(1972年、NET)
・眠狂四郎 第2話「女怨に剣が哭いた」(1972年、KTV)
・隼人が来る 第2話「花吹雪抜刀流」(1972年、CX)
・地獄の辰捕物控 (1972年、NET)
・赤ひげ 第3話「野菊」(1972年、NHK)
・女三代婿えらび(1972年、NTV)
・長谷川伸シリーズ「町のいれずみ者」(1972年11月1日、NET)
・冬物語(1972年、NTV)
・木枯し紋次郎 第2シリーズ 第3話「水車は夕映えに軋んだ」(1972年、CX) - お縫
・月とスッポン(1972年12月21日、NTV)
・グランド劇場(NTV)(「 」は1話完結ドラマ)
・3丁目4番地(1972年、NTV)
・「娘たちの設計」(1972年12月20日)
・「この母この子」(1973年2月10日)
・さよなら・今日は(1973年)
・となりのとなり(1974年)
・出雲の阿国(1973年、NET)
・荒木又右衛門(1973年1月25日、NET)
・子連れ狼 第1シリーズ 第13話「お千代舟」(1973年、NTV)
・まごころ(1973年、TBS)
・木曽街道いそぎ旅 第4話(1973年、CX)
・湯けむり坂(1973年、NTV)
・夫婦日記 第5回「刑事さん、つかまえて!」(1973年、NTV)
・黄色いトマト(1973年、NET)
・太陽にほえろ! 第51話「危険を盗んだ女」(1973年、NTV) - 原田京子
・雑居時代(1973年 - 1974年、NTV) - 栗山夏代
・東芝日曜劇場(TBS)
 第878回「秋のふたり」(1973年10月7日)
 第975回「吾は海の子」(1975年8月14日、MBS)
 第1040回「ひとり」(1976年11月14日、HBC)
 第1074回「ふたりの愛」(1977年7月10日)
 第1096回「証明」(1977年12月11日)
 第1144回「こぎとゆかり」(1978年11月12日、CBC)※文化庁芸術祭優秀賞受賞
 第1190回「藍色の街」(1979年9月30日)
 第1200回「1200回記念番組 女たちの忠臣蔵 いのち燃ゆる時」(1979年12月9日)
 第1210回「見合い結婚」(1980年2月17日)
 第1245回「見知らぬ夫」(1980年10月19日)
 第1256回「春のうららの物語」(1981年1月11日)
 第1290回「三代の嫁どの」(1981年9月13日)
 第1296回「孤独のなかみ」(1981年10月25日)
 第1307回「妻の寝顔」(1982年1月10日)
 第1351回「愛にゆれる灯」(1982年11月21日)
 第1361回「冬の置き土産」(1983年1月30日)
 第1414回「恋愛ゲーム」(1984年2月12日)
 第1465回「変身」(1985年2月3日)
 第1500回「1500回記念 3時間ドラマ 花のこころ」(1985年10月6日)
 第1511回「秘恋」(1985年12月22日)
 第1551回「ちきしょう」(1986年9月28日)
 第1580回「小ざくらも桜です」(1987年4月19日)
 第1597回「花言葉はヒミツ」(1987年8月16日、CBC)
 第1643回「空き部屋」(1988年7月3日)
 第1668回「愛のいろ」(1988年12月25日)
 第1718回「男を金にする女」(1990年1月7日) - 夜鷹のおとせ
 第1736回「弓代と規子」(1990年5月20日) - 弓代
 第1780回「囚われて」(1991年4月7日)
 第1814回「それからの冬」(1991年12月1日)
 第1845回「残り香」(1992年7月19日)
 第1875回「三十ふり袖」(1993年3月14日)
・幡随院長兵衛お待ちなせえ(1974年、NET)
・愛の山河(1974年、NTV)
・裏切りの明日(1975年、TBS)
・絣の花(1976年、NET)
・かげろうの家(1976年、NTV)
・忍ぶ橋(1975年、NET)
・絣の花(1976年、NET)
・気まぐれ天使 第1?13話(1976年、NTV) - 大隅妙子
・前略おふくろ様 第2シリーズ(1976年、NTV) - 大原麗子(※本人役)
・悲曲 禁じられた愛(1977年、YTV)
・乱塾時代-子育て合戦(1977年、TBS)
・あにき(1977年、TBS)
・土曜ワイド劇場(ANB)
・「危険な童話 私は殺さない...」(1977年10月22日)
・「さそり座の女」(1978年6月10日)
・いのちの絶唱(1978年、NTV)
・愛がわたしを(1978年、TBS)
・火の航跡(1978年、CX)
・TBS特別企画 「熱い嵐」(1979年2月26日、TBS)
・愛と死の絶唱(1979年、NTV)
・聖女房(1979年、YTV)
・たとえば愛(1979年、TBS)
・離婚ともだち(1980年、TBS)
・夜の傾斜(1980年、ANB)
・木曜ゴールデンドラマ(YTV)
・「愛の旅路 明日なき恋に燃えた哀しき女の運命は」(1981年2月12日)
・「五辮の椿 復讐に燃える女の怨念」(1981年4月2日)
・「松本清張 喪失」(1983年2月17日)
・「殺して、あなた...」(1985年4月18日)
・「明日をください」(1987年3月26日)
・「喜劇 ああ未亡人」(1988年4月14日)
・「塀の外で待つ女」(1988年11月3日)
・24時間テレビ 「愛は地球を救う」「障害福祉ドラマ いのち・ひとつ」(1981年8月22日、NTV)
・タクシー・サンバ(1981年、NHK)
・火曜サスペンス劇場(NTV)
・「女の中にいる他人」(1981年11月3日)
・「黒いドレスの女」(1985年1月1日、渡辺企画)
・「殺意に抱かれて」(1992年4月7日、東北新社)
・ポーツマスの旗(1981年、NHK)
・拳骨にくちづけ(1981年、TBS)
・横浜物語 (1982年、NHK)
・さりげなく憎いやつ(1982年、TBS) - 有田美香
・コカコーラスペシャル「女ともだち-誰のものでもない私の人生-」(1982年3月29日、TBS)
・おはよう24時間(1982年、TBS) - 綾部文美
・擬装結婚(1983年、MBS) - 小早川良美
・西武スペシャル「離婚・ぼくんちの場合」(1983年5月20日、TBS)
・日立テレビシティ「決定版! 蒲田行進曲」 前編・後編(1983年6月22・29日、TBS) - 小夏
・わたしの名は女です(1983年、NHK)
・新春ドラマスペシャル「序の舞」(1984年1月2日、ANB)
・くれない族の反乱(1984年、TBS) - 中野和子
・優しい関係(1984年、TBS)
・のン姉ちゃん・200W(1985年、NTV) - 秋葉紀子
・樋口一葉 われは女成りけるものを...(1985年、NHK) - 樋口夏子
・新春ドラマスペシャル「はらはらと雪月花 京都三姉妹大事件」(1986年1月1日、TBS)
・カネボウヒューマンスペシャル6「脳死をこえて」(1986年2月11日、NTV)
・となりの女(1986年、TBS) - 渡辺麻子
・セゾンスペシャル特別企画2時間ドラマ「雨の降る駅」(1986年6月6日、TBS)
・水曜ドラマスペシャル「姐さんたちのララバイ」(1986年10月8日、TBS)
・親子万才(1987年、TBS)
・女優競演サスペンス 第1回「優しみの罠」(1987年9月7日、KTV / ジェイミック)
・ザ ドラマチックナイト「女医・若宮由紀の犯罪 もしも、あなたがエイズだったら...」(1987年10月9日、CX)
・みんなマドンナ(1987年、MTV)
・年末時代劇スペシャル「忠臣蔵 女たち愛」 雪の章・華の章(1987年、TBS)
・スーパースペシャル 立体ドラマ5時間 1987年の大晦日「蒸発」(1987年、CX)
・妻たちの鹿鳴館(1988年10月8日、TBS)
・男と女のミステリー(CX)
・「くねり坂」(1988年10月14日)
・「Vの悲劇 残された香水の記憶に秘められた疑惑」(1990年4月13日)
・土曜ドラマスペシャル「逃げて逃げて...」(1988年12月10日、TBS)
・女はいつも涙する 代議士の妻たち(1988年、TBS) - 清原律子
・直木賞作家サスペンス「夜の探偵」(1990年1月8日、KTV) - 探偵
・特別企画ドラマ「閨閥(けいばつ)」(1990年4月7日、TBS) - 元看護婦・槙子
・大型時代劇スペシャル「三姉妹」(1990年10月6日、TBS)
・浮浪雲(1990年10月 - 1991年3月、TBS)
・水曜グランドロマン「小春日和 女流作家と女子大生の奇妙な日々を彩る奇人達」(1990年10月17日、NTV) - 小説家・ちえこ
・正月ドラマスペシャル「大石内蔵助 冬の決戦」(1991年1月1日、NHK)
・現代推理サスペンス「二重生活」(1991年1月7日、KTV)
・金曜ドラマシアター「女優たち」(1991年12月20日、CX)
・橋田壽賀子スペシャル 源氏物語 上の巻・下の巻(光源氏第1部・第2部、1991年12月27日・1992年1月3日、TBS) - 藤壺中宮・紫の上(二役) ※TBS創立40周年記念番組
・ドラマシティ'92「生きている心臓」(1992年4月30日、YTV)
・裸の木(1992年11月23日、KTV)※文化庁芸術作品賞受賞作品
・チロルの挽歌(1992年、NHK)
・ドラマシティ'93「愛よ眠らないで」(1993年1月23日、FBS)
・if もしも 第17回「人生ゲーム 残された2 通の遺言状」(1993年9月2日、CX)
・花王ファミリースペシャル「きっとしあわせ3 子離れ宣言」(1994年4月18日、KTV)
・月曜ドラマスペシャル「石井ふく子年末特別企画 忍ばずの女」(1994年12月26日、TBS)
・もうひとつの家族(1995年、NHK)
・レイコの歯医者さん(1996年、NHK)
・秋の選択(1996年11月26日、NHK)
・ドラマスペシャル「町」(1997年11月27日、CX)
・春のドラマスペシャル「バカヤロー!2000 ニッポン人の怒りが爆発する!!『太るのは罪ですか?』」(2000年3月27日、NTV)
・素顔のときめき(2000年、NHK)
・月曜ミステリー劇場「十津川警部シリーズ 東北新幹線「はやて」殺人事件」(2004年12月27日、TBS) - 藤川志津江
 ・バラエティ [編集]
・徹子の部屋(ANB)
・今夜は最高!(NTV)
・笑っていいとも!(「テレフォンショッキング」ゲスト、CX)
・とんねるずのみなさんのおかげです(1988年、CX)
・ダウンタウンDX(1994年、YTV)
・SMAP×SMAP(「BISTRO SMAP」第1回ゲスト、1996年、KTV・CX)[10]
・とんねるずのみなさんのおかげでした(「新・食わず嫌い王決定戦」ゲスト、1998年、CX)
・ワンナイR&R(ゴリエの母、2004年、CX)
・恐怖の食卓(2006年、CX)

~ CM ~
・サントリー
 レッド(1977年 - 1987年)[11] - 「少し愛して、なが~く愛して」
 オールド(1988~1990年)[11]
・ロート製薬(パンシロン、新・Vロート、V ロートクール)
・住友生命(ザ・グレイト、1990年)
・エーザイ(サクロン)
・東芝(洗濯機:シャーワーリンス銀河他、衣類乾燥機:ランドリエ)
・ヤマザキナビスコ(チップスター、ビスケット)
・京セラ(ヤシカ)
・ホンダ イブ(スクーター)
・インターネット博覧会

~ 舞台 ~
・お夏狂乱(1994年、帝国劇場)
・眠り人形(2003年、三越劇場)
 

 <  前の記事 真野響子(まや きょうこ) 第19作 寅次郎と殿様  |  トップページ  |  次の記事 伊藤 蘭(いとう らん) 第26作 寅次郎かもめ歌  > 





延滞料なし!忙しい人のためのオンラインDVD&CDレンタル『TSUTAYA DISCAS』

プロに聞いちゃおう!クチコミおすすめ国内旅行【JTB スタッフけんさくん】

京都おこしやす.com

クチコミで選ばれたじゃらん人気宿ランキング。

全国の名産・特産お取り寄せ 47CLUB

温泉遺産の宿