Top >  マドンナたち >  榊原るみ (さかきばら るみ) 第7作 奮闘編

榊原るみ (さかきばら るみ) 第7作 奮闘編

「私、寅ちゃんの嫁っ子になるかナ」というセリフは、恐らく誰の記憶にも残っているシリーズ中の名セリフのひとつでしょうね。


紡績工場に勤める花子は知的障害を持つ天真爛漫な少女。
駅の改札口で出くわした寅さんが、東京に行くなら「とらや」を訪ねろと勧めることから縁が生まれます。

昭和40年代の人気テレビ番組「帰ってきたウルトラマン」でMAT隊員、坂田健の妹役、坂田アキで活躍しました。

清純派が売りだったのに、後に夫のすずきじゅんいち監督による官能ロマン「ひとりね」でオナニーシーンを演じるという大胆なイメージチェンジをしてます。

何かこう・・・可愛らしさだけでないものを訴える演技力は寅さん作品でも伺えます。

第6作まで正統派女優が続いたシリーズでちょっとユニークなマドンナを見せてくれました。

榊原 るみ(さかきばら るみ)1951年3月5日 東京生まれ A型

 <  前の記事 若尾文子(わかお あやこ) 第6作 純情編  |  トップページ  |  次の記事 池内淳子 (いけうち じゅんこ) 第8作 寅次郎恋歌  > 





延滞料なし!忙しい人のためのオンラインDVD&CDレンタル『TSUTAYA DISCAS』

プロに聞いちゃおう!クチコミおすすめ国内旅行【JTB スタッフけんさくん】

京都おこしやす.com

クチコミで選ばれたじゃらん人気宿ランキング。

全国の名産・特産お取り寄せ 47CLUB

温泉遺産の宿