Top >  マドンナたち >  長山藍子(ながやま あいこ) 第5作 望郷編

長山藍子(ながやま あいこ) 第5作 望郷編

ご存じテレビ版「男はつらいよ」で初代の車さくら役を演じたのが長山藍子。

この望郷編では、豆腐屋三七十屋(みなとや)を営む母と二人暮らしの娘、三浦節子として登場します。

節子の母役を演じる杉山とく子はテレビシリーズでの「おばちゃん」役を演じていた仲です。

フーテン稼業から足を洗おうと豆腐屋に住み込みで働く寅さんに「ず~といてくれる?」と尋ねる節子。 彼女の本心は、自分が国鉄機関士の恋人木村(井川比佐志)を結婚して家を出た後も母親の仕事を手伝ってくれることを期待してのこと。

この時の長山藍子凄く可愛いんです。 もちろん、と応じる寅さんの気持ちが舞い上がるのも無理はありません。

いわゆる「天然」を感じさせるキャラクターだと思います。 かれこれ30年前のクイズダービーという人気番組で、「2枠の女王」としてレギュラー出演し、20連敗(不正解)を記録していますが、今風に言えば「お馬鹿」と評されるキャラを披露しています。

 

長山 藍子(ながやま あいこ) 1941年6月21日、中国内蒙古自治区フフホト生まれ O型

出演映画:
女と味噌汁(1968年)
橋のない川(1969~1970年)
男はつらいよ 望郷篇(1970年)
ガラスのうさぎ(1979年)
結婚案内ミステリー(1985年)
ガラスの中の少女(1988年)
日本沈没(2006年) 他

 テレビドラマ:

愛と死をみつめて(1964年)
渥美清の泣いてたまるか(1967年)
おはなはん(1966~1967年)
旅路(1967~1968年)
肝っ玉かあさん(1968~1971年)
ありがとう(1970~1974年)
天下堂々(1973年)
赤ひげ(1973年)
赤い迷路(1974年)
ほんとうに(1976~1977年)
おんな太閤記(1981年)
春日局(1989年)
渡る世間は鬼ばかり(1990年)
もういちど家族(1995年)
水戸黄門第26部(1998年)
ニコニコ日記(2003年) 

 他 多数

 <  前の記事 栗原小巻(くりはら こまき) 第4作 新・男はつらいよ  |  トップページ  |  次の記事 若尾文子(わかお あやこ) 第6作 純情編  > 





延滞料なし!忙しい人のためのオンラインDVD&CDレンタル『TSUTAYA DISCAS』

プロに聞いちゃおう!クチコミおすすめ国内旅行【JTB スタッフけんさくん】

京都おこしやす.com

クチコミで選ばれたじゃらん人気宿ランキング。

全国の名産・特産お取り寄せ 47CLUB

温泉遺産の宿