Top >  マドンナたち >  栗原小巻(くりはら こまき) 第4作 新・男はつらいよ

栗原小巻(くりはら こまき) 第4作 新・男はつらいよ

第36作 「柴又より愛をこめて」にも15年間のブランクを超えて登場している稀有なマドンナです。

第4作では御前様が園長を務める帝釈天付属ルンピニー幼稚園の先生、宇佐美春子。

とらやの2階に下宿した縁で寅さんの片思いの相手になります。

第一作のマドンナが冬子。第二作目が夏子。一作空けて春子の登場です。

第36作では式根島の小学校の教師、真知子。 タコ社長の娘、あけみを連れ戻しに島に渡った寅さんと知り合います。

 

映画よりもテレビドラマ出演の印象が強いですね。 NHK大河ドラマや、サスペンス劇場、等など。

吉永小百合の「さゆりすと」に対して「こまきすと」として一世風靡した女優さんです。

 

栗原 小巻(くりはら こまき、本名同じ)、1945年3月14日、東京都世田谷区出身 O型

 

 <  前の記事 新珠三千代(あらたま みちよ) 第三作 フーテンの寅  |  トップページ  |  次の記事 長山藍子(ながやま あいこ) 第5作 望郷編  > 





延滞料なし!忙しい人のためのオンラインDVD&CDレンタル『TSUTAYA DISCAS』

プロに聞いちゃおう!クチコミおすすめ国内旅行【JTB スタッフけんさくん】

京都おこしやす.com

クチコミで選ばれたじゃらん人気宿ランキング。

全国の名産・特産お取り寄せ 47CLUB

温泉遺産の宿