Top >  作品紹介 >  第48作 寅次郎紅の花 封切1995年12月23日

第48作 寅次郎紅の花 封切1995年12月23日

監督:山田洋次  脚本:山田洋次、浅間義隆


ゲスト:浅丘ルリ子、後藤久美子、夏木マリ、宮川大助・花子、関敬六、神戸浩


ロケ地:岡山県津山市、勝山町、鹿児島県奄美大島、兵庫県神戸市

上映時間:107分

及川泉(後藤久美子)から結婚の知らせを受け落胆する満男。愛する泉は岡山県津山市で挙式するのだ。満男は心を偽って泉を祝福し、泉も諦めて式に臨む。

 

しかし結婚式当日、満男は花嫁姿の泉が乗る自動車に突進して結婚式をブチ壊しにする。袋叩きの目に遭った満男はあての無い旅から奄美大島にやってくるが親切な中年美女に助けられる。

彼女の家に着くと現れたのはなんと寅さんであった。その美女は寅さんと奇妙な同居生活をしているリリー(浅丘ルり子)だった。

阪神・淡路大震災の直前に神戸から便りをよこしたきり音沙汰の無かった寅さんはリリーと同棲し面倒をみてもらっていたのだった。そこへ泉も駆けつけ、満男との愛を確認する。

寅さんとリリーの行く末はいかに?

ラストの阪神・淡路大震災の被災地での寅さんの言葉、「ご苦労さまでした」は俳優・渥美清の最後のセリフとなりました。

 <  前の記事 第47作 拝啓 車寅次郎様 封切1994年12月23日  |  トップページ  |  次の記事 渥美 清(あつみきよし)  > 





延滞料なし!忙しい人のためのオンラインDVD&CDレンタル『TSUTAYA DISCAS』

プロに聞いちゃおう!クチコミおすすめ国内旅行【JTB スタッフけんさくん】

京都おこしやす.com

クチコミで選ばれたじゃらん人気宿ランキング。

全国の名産・特産お取り寄せ 47CLUB

温泉遺産の宿