Top >  作品紹介 >  第45作 寅次郎の青春 封切1992年12月26日

第45作 寅次郎の青春 封切1992年12月26日

監督:山田洋次  脚本:山田洋次、朝問義隆


ゲスト:風吹ジュン、後藤久美子、永瀬正敏、夏木マリ


ロケ地:宮崎県油津、岐阜県下呂温泉

上映時間:101分

寅さんは宮崎県油津の理容店で女主人・蝶子(風吹ジュン)に出会い、彼女の家に逗留することになる。親友の結婚式で宮崎県にやってきた泉は偶然寅さんに出会いびっくり。

 

寅さんが足をケガしたことで、東京から駆けつけた満男と三人で九州での再会となる。

喋子には弟・竜介(永瀬正敏)がおり、竜介が泉に気があるのではと満男は気が気では無い。恋の火花が散りそうな瞬間もあったが、竜介には婚約者がいることがわかって事なきを得る。

寅さんのケガも直り、さて帰京するか、九州で「髪結いの亭主」になるかで心は揺れる。結局、蝶子から去る決意をした寅さん。満男も寅さんの恋が成就しないことを受け止めるのだった。

御前様役の笠智衆が本作公開後に逝去。最後の出演作となった。


 

男はつらいよ 寅次郎の青春 HDリマスター版(初回仕様)(DVD) ◆20%OFF!

 <  前の記事 第44作 寅次郎の告白 封切1991年12月23日  |  トップページ  |  次の記事 第46作 寅次郎の縁談 封切1993年12月25日  > 





延滞料なし!忙しい人のためのオンラインDVD&CDレンタル『TSUTAYA DISCAS』

プロに聞いちゃおう!クチコミおすすめ国内旅行【JTB スタッフけんさくん】

京都おこしやす.com

クチコミで選ばれたじゃらん人気宿ランキング。

全国の名産・特産お取り寄せ 47CLUB

温泉遺産の宿