Top >  作品紹介 >  第44作 寅次郎の告白 封切1991年12月23日

第44作 寅次郎の告白 封切1991年12月23日

監督:山田洋次  脚本:山田洋次、朝間義隆


ゲスト:吉田日出子、後藤久美子、夏木マリ


ロケ地:鳥取県倉吉市、鳥取砂丘、岐阜県蛭川村

上映時間:104分

泉は名古屋から就職試験のために上京して満男の家に泊まる。だが、試験に失敗してしまう。そんな泉は名古屋に帰って母・礼子(夏木マリ)の再婚問題に遭遇し、母と口論の末家出をしてしまう。

 

家出先の鳥取からハガキを受けた満男は心配のあまり泉を鳥取県に追いかけるが、偶然に山陰を旅していた寅さんと出会い、鳥取砂丘で三人の喜びの再会となる。

強い泉は自殺の考えなど毛頭無く、自分を探す旅をしていたのであった。

三人が立ち寄ったのは、寅さんと訳ありの女将・聖子(吉田日出子)が営む割烹旅館。聖子の亡き夫はかつて寅さんの恋敵であった。

満男と泉は寅さんと聖子がどのように進展するか心配でもあり興味津々でもある。

 <  前の記事 第43作 寅次郎の休日 封切1990年12月22日  |  トップページ  |  次の記事 第45作 寅次郎の青春 封切1992年12月26日  > 





延滞料なし!忙しい人のためのオンラインDVD&CDレンタル『TSUTAYA DISCAS』

プロに聞いちゃおう!クチコミおすすめ国内旅行【JTB スタッフけんさくん】

京都おこしやす.com

クチコミで選ばれたじゃらん人気宿ランキング。

全国の名産・特産お取り寄せ 47CLUB

温泉遺産の宿