Top >  作品紹介 >  第42作 ぼくの伯父さん 封切1989年12月27日

第42作 ぼくの伯父さん 封切1989年12月27日

監督:山田洋次  脚本:山田洋次、朝間義隆


ゲスト:檀ふみ、後藤久美子、夏木マリ、尾藤イサオ


ロケ地:佐賀県吉野ヶ里、古湯温泉、茨城県袋田

上映時間:108分

浪人中の満男は高校時代の後輩の美少女・泉(後藤久美子)が忘れられず、勉強もはかどらない。さくらの頼みで寅さんは満男の悩みを聞きに酒を酌み交わす。

 

満男は彼女への強い想いを思わず寅さんに打ち明けてしまう。

泉は父母が別居し名古屋のクラブで働く母へ反発し、叔母・寿子(檀ふみ)を頼って佐賀県の高校に転校していた。

会いたくて仕方のない満男は、ついにバイクを駆って九州へのひとり旅に出かける。途中、偶然に寅さんに会って一安心したものの、満男は泉の叔父・嘉一(尾藤イサオ)に無謀さをこっぴどく叱責される。しかし「満男は間違っていない」と寅さんは嘉一に意見する。

一方、泉の叔母・寿子の優しい視線は寅さんの気持ちをなごませる。寅さんは寿子への思いが日々に募るのを感じるが、彼女は人の妻。寅さんも満男も東京へと帰っていくのだった。

 <  前の記事 第41作 寅次郎心の旅路 封切1989年8月5日  |  トップページ  |  次の記事 第43作 寅次郎の休日 封切1990年12月22日  > 





延滞料なし!忙しい人のためのオンラインDVD&CDレンタル『TSUTAYA DISCAS』

プロに聞いちゃおう!クチコミおすすめ国内旅行【JTB スタッフけんさくん】

京都おこしやす.com

クチコミで選ばれたじゃらん人気宿ランキング。

全国の名産・特産お取り寄せ 47CLUB

温泉遺産の宿