Top >  作品紹介 >  第39作 寅次郎物語 封切1987年8月15日

第39作 寅次郎物語 封切1987年8月15日

監督:山田洋次  脚本:山田洋次、浅間義隆


ゲスト:秋吉久美子、五月みどり、すまけい、伊藤祐一郎、河内桃子

ロケ地:奈良県吉野山、三重県志摩、伊勢市、二見浦、和歌山市

上映時間:101分

父の位牌を抱いて福島から小学生・秀吉(伊藤祐一郎)がとらやにやってくる。

父親が死に際に「死んだら寅さんを頼れ」と言ったという。

 

テキヤ仲間の政の息子とわかり母親を探すことになる。母を尋ねての寅さんと秀吉少年との旅がはじまるが、奈良県吉野の宿で少年が高熱を出してしまう。

隣の部屋に泊まっていた美容部員で旅をしている隆子(秋吉久美子)に助けられて、秀吉は一命をとりとめる。秀吉に対して一夜だけの「父さん、母さん」を演じることになったことから、寅さんお瞼には隆子の姿が焼きついて消えない。

さらに母を尋ね歩き、とうとう伊勢志摩の地で秀吉の母と出会うこととなって一件落着。寅さんの恋は実らなかったものの、秀吉をかすがいにした爽やかな関係が残った。

 <  前の記事 第38作 知床慕情 封切1987年8月15日  |  トップページ  |  次の記事 第40作 寅次郎サラダ記念日 封切1988年12月24日  > 





延滞料なし!忙しい人のためのオンラインDVD&CDレンタル『TSUTAYA DISCAS』

プロに聞いちゃおう!クチコミおすすめ国内旅行【JTB スタッフけんさくん】

京都おこしやす.com

クチコミで選ばれたじゃらん人気宿ランキング。

全国の名産・特産お取り寄せ 47CLUB

温泉遺産の宿