Top >  作品紹介 >  第36作 柴又より愛をこめて 封切1985年12月28日

第36作 柴又より愛をこめて 封切1985年12月28日

監督:山田洋次  脚本:山田洋次、朝間義隆


ゲスト:栗原小拳、川谷柘三、美保純、笹野高史

ロケ地:東京都式根島、静岡県下田市、浜名湖

上映時間:105分

タコ社長の娘のあけみ(美保純)が家出。ワイドショーに出演して涙の呼びかけをするタコ社長。

彼女を探しに出かけた寅さんは下田であけみに無事の再会をするが、彼女の願いで伊豆七島の式根島まで旅をする。

船中出会った島の卒業生たちは、島で12人の24の瞳たちと恩師の真知子先生(栗原小巻)を囲んでの同窓会に参加するのだった。

先生に魅せられた寅さんも特別参加となる。あけみの家出の始末をしてとらやに帰った寅さんは、真知子先生が忘れられない。

一方、真知子は子持ちの学者との結婚問題に悩んでいた。結婚すべきかどうか?真知子から苦悶を打ち明けられても理解できるわけのない寅さんなのだが、今回もまた別れの時を察するのだった。

 <  前の記事 第35作 寅次郎恋愛塾 封切1985年8月3日  |  トップページ  |  次の記事 第37作 幸福の青い鳥 封切1986年12月20日  > 





延滞料なし!忙しい人のためのオンラインDVD&CDレンタル『TSUTAYA DISCAS』

プロに聞いちゃおう!クチコミおすすめ国内旅行【JTB スタッフけんさくん】

京都おこしやす.com

クチコミで選ばれたじゃらん人気宿ランキング。

全国の名産・特産お取り寄せ 47CLUB

温泉遺産の宿