Top >  作品紹介 >  第32作 口笛を吹く寅次郎 封切1983年12月28日

第32作 口笛を吹く寅次郎 封切1983年12月28日

監督:山田洋次  脚本:山田洋次、朝間義隆


ゲスト:竹下景子、中井貴一、杉田かおる、松村達雄、レオナルド熊、長門勇

ロケ地:岡山県高梁市、広島県因島市

上映時間:105分

備中岡山は高梁市。博の父、飈一郎の墓参に訪れた寅さんは、離婚で実家に帰ってきた和尚の娘・朋子(竹下景子)に出会い、一目惚れ。

ひょんなことから住職(松村達雄)の代理をつとめて法衣をまとうことに。乞われるままに寺にいついた寅は、代坤僧侶の仕事に精をだし、朋子の弟の恋愛指導にまで乗り出す。

飈一郎の三回忌集まってきたさくらをはじめ親族は、寅さんのニセ和尚姿に遭遇し大騒ぎとなる。

寅さんは余生を仏につかえると告げるがもちろん朋子目当てのこと。朋子も気が無いわけではないのだか、寅さんもの踏ん切りの無さが話を前に進ませない。

自分を養子にという話を漏れ聞いた寅さんは書き置きを残して静かに寺を去る。

 

本作のロケで通りかかった仏具店で渥美清が自らの位牌を買っていたというエピソードが没後に知らさせている。

 <  前の記事 第31作  旅と女と寅次郎 封切1983年8月6日  |  トップページ  |  次の記事 第33作 夜霧にむせぶ寅次郎 封切1984年8月4日  > 





延滞料なし!忙しい人のためのオンラインDVD&CDレンタル『TSUTAYA DISCAS』

プロに聞いちゃおう!クチコミおすすめ国内旅行【JTB スタッフけんさくん】

京都おこしやす.com

クチコミで選ばれたじゃらん人気宿ランキング。

全国の名産・特産お取り寄せ 47CLUB

温泉遺産の宿