Top >  作品紹介 >  第28作 寅次郎紙風船 封切1981年12月29日

第28作 寅次郎紙風船 封切1981年12月29日

監督:山田洋次 脚本:山田洋次、朝問義隆


ゲスト:音無美紀子、岸本加世子、小沢昭一、地井武男


ロケ地:福岡県久留米、柳川市、甘本市(秋月城跡周辺)、静岡県焼津市

上映時間:101分

九州の旅で寅さんは若い家出娘(岸本加世子)に出会い、息が合わない妙な二人旅となる。途中、テキヤ仲間の常(小沢昭一)を見舞ったところ「俺が死んたら、女房を妻にしてやってくれ」と頼まれる。

 

その場しのぎで約束をした寅さんだが、女房の光枝(音無美紀子)から常の死期が近いことを打ち明けられ、愕然とする。

結局、常は死んでしまい光枝は上京してくる。光枝は寅さんの嫁になる気になっているようにもみえるが、決心ができない寅さんである。

例によって話をそらし、自分から失恋のシナリオをつくっていくことになる。

 

 <  前の記事 第27作 浪花の恋の寅次郎 封切1981年8月8日  |  トップページ  |  次の記事 第29作 寅次郎あじさいの恋 封切1982年8月7日  > 





延滞料なし!忙しい人のためのオンラインDVD&CDレンタル『TSUTAYA DISCAS』

プロに聞いちゃおう!クチコミおすすめ国内旅行【JTB スタッフけんさくん】

京都おこしやす.com

クチコミで選ばれたじゃらん人気宿ランキング。

全国の名産・特産お取り寄せ 47CLUB

温泉遺産の宿