Top >  作品紹介 >  第17作 寅次郎夕焼け小焼け  封切1976年7月24日

第17作 寅次郎夕焼け小焼け  封切1976年7月24日

監督:山田洋次  脚本:山田洋次、朝間義隆


ゲスト:太地喜和子、宇野重吉、岡田嘉子、寺尾 聴、桜井センリ、佐野浅夫

ロケ地:兵庫県龍野市

上映時間:109分

寅さんが助けた無銭飲食の老人は実は日本画壇の巨匠、池ノ内青観(宇野重吉)だった。

龍野市で青観に出会った縁で、寅さんは町の芸者ぼたん(太地喜和子)を知り、二人は気持ちを通じ合わせる。

ぼたんが虎の子の200万円を東京の悪徳業者(佐野朝夫)にだまし取られたのを取り返しに上京してくるが、むろん勝てる相手ではない。かよわい女性ひとりを助けられない寅さん。

自分の無力感にさいなまれるが、寅さんとぼたんの気持ちをわかる老画家が一枚の絵をぼたんに贈って慰める。

人と人との絆が大切という山田監督の視点を具現化したラストはシリーズ最高場面のひとつです。

 <  前の記事 第16作 葛飾立志編   封切1975年12月27日  |  トップページ  |  次の記事 第18作 寅次郎純情詩集 封切1976年12月25日  > 





延滞料なし!忙しい人のためのオンラインDVD&CDレンタル『TSUTAYA DISCAS』

プロに聞いちゃおう!クチコミおすすめ国内旅行【JTB スタッフけんさくん】

京都おこしやす.com

クチコミで選ばれたじゃらん人気宿ランキング。

全国の名産・特産お取り寄せ 47CLUB

温泉遺産の宿