Top >  作品紹介 >  第16作 葛飾立志編   封切1975年12月27日

第16作 葛飾立志編   封切1975年12月27日

監督:山田洋次   脚本:山田洋次、朝間義隆

ゲスト:樫山文枝、桜田淳子、米倉斉加年、小林桂樹、大滝秀治

ロケ地:山形県寒河江市

上映時間:100分

なんと寅さんが学問を志すという一作。 寅さんにはナンとも不似合いなダテ眼鏡をかけるシーンが爆笑を誘う。

「とらや」に下宿したのは御前様の姪にあたる礼子(樫山文枝)。 実は彼女は若き考古学者なのだが、気を引きたい寅さんは学問を志して勉強をはじめる。

 

しかし寅の前に礼子の恩師である大学教授、田所(小林桂樹)が恋敵として現れる。

礼子の先生なのだが、学問は一流で、しかも気さくで飾らないところが寅さんの好感を呼ぶ。しかし、田所が秘かに礼子に恋をしていることを寅さんは知らないのだ。

結局、田所教授の恋は実らず、寅の恋も成就せず、男二人雁首ならべての失恋となる。失恋の悲哀を心に秘めて、二人は日本晴れのもと、あてのない旅に出かけていくのであった。

 <  前の記事 第15作 寅次郎相合い傘  封切1975年8月2日  |  トップページ  |  次の記事 第17作 寅次郎夕焼け小焼け  封切1976年7月24日  > 





延滞料なし!忙しい人のためのオンラインDVD&CDレンタル『TSUTAYA DISCAS』

プロに聞いちゃおう!クチコミおすすめ国内旅行【JTB スタッフけんさくん】

京都おこしやす.com

クチコミで選ばれたじゃらん人気宿ランキング。

全国の名産・特産お取り寄せ 47CLUB

温泉遺産の宿