Top >  作品紹介 >  第13作 寅次郎恋やつれ  封切1974年8月10日

第13作 寅次郎恋やつれ  封切1974年8月10日

監督: 山田洋次   脚本: 山田洋次、朝間義隆

ゲスト:吉永小百合、宮口精二、高田敏江、小夜福子

ロケ地:島根県津和野・温泉津(ゆのつ)・益田

上映時間:104分


珍しくマドンナ二人登場とも言える作品。
温泉旅館で番頭の仕事をしているうちに、窯で焼き物を作っている女性(高田敏江)と親しくなる。
この女性との縁談をまとめようとタコ社長やさくらと三人で温泉津を訪ねるが、蒸発したという夫が戻っており、寅さんの縁談も幻と終わる。

 


それから寅さんは歌子(吉永小百合)に再会するが、夫と死別した彼女は、夫の実家で悲しみに日々を送る身だった。

歌子は寅さんに励まされ、自分らしい生き方を再び求めて上京する。
歌子には父との不和も解消したい思いもあったが、父親は頑なである。寅さんが間に入って和解の労をとるのだが、これも往生する。

しかし、寅のひたむきな心が歌子の父を動かし、父娘は涙で再会するに至る。歌子は寅の熱い思いを感じながらも、だたひとり伊豆大島の施設で働く決意をし再出発していく。

 

HDリマスタリングのDVDはこちらがお買い得♪

↓ ↓ ↓ ↓

男はつらいよ 寅次郎恋やつれ HDリマスター版(初回仕様)(DVD) ◆20%OFF!


 

 <  前の記事 第12作 私の寅さん  封切1973年12月26日  |  トップページ  |  次の記事 第14作 寅次郎子守唄   封切1974年12月28日  > 





延滞料なし!忙しい人のためのオンラインDVD&CDレンタル『TSUTAYA DISCAS』

プロに聞いちゃおう!クチコミおすすめ国内旅行【JTB スタッフけんさくん】

京都おこしやす.com

クチコミで選ばれたじゃらん人気宿ランキング。

全国の名産・特産お取り寄せ 47CLUB

温泉遺産の宿