Top >  作品紹介 >  第八作 男はつらいよ 寅次郎恋歌  封切1971年12月29日

第八作 男はつらいよ 寅次郎恋歌  封切1971年12月29日

監督 : 山田洋次、 脚本 : 山田洋次、朝間義隆

ゲスト : 池内淳子、 志村 喬、 吉田義夫、 岡本茉利

口ケ地 : 岡山県高梁市

上映時間 114分

博の母親が亡くなり、郷里の備中高梁市に親類縁者が集う。居合わせた寅さんは博の父(志村 喬)を慰めるのだが、博の父から定着することの大事さと家族の尊さを教えられ、自分のフーテンぶりを深く反省する。

柴又に帰った寅さんは、題経寺の傍に喫茶店を営む貴子(池内淳子)に想いを抱き、故郷に定着して家族を持ちたいと思い始めるが、逆に貴子は放浪へのあこがれを語り「一緒に旅をしたい」と告白される。


テレビ版から「おいちゃん」役を演じてきた森川信は本作の後、病で他界しています。
初代おいちゃん最後の作品です。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

男はつらいよ 寅次郎恋歌 HDリマスター版(初回仕様)(DVD) ◆20%OFF!

 <  前の記事 第七作 男はつらいよ 奮闘篇 封切1971年4月28日  |  トップページ  |  次の記事 第九作 男はつらいよ  柴又慕情 封切 1972年8月5日  > 





延滞料なし!忙しい人のためのオンラインDVD&CDレンタル『TSUTAYA DISCAS』

プロに聞いちゃおう!クチコミおすすめ国内旅行【JTB スタッフけんさくん】

京都おこしやす.com

クチコミで選ばれたじゃらん人気宿ランキング。

全国の名産・特産お取り寄せ 47CLUB

温泉遺産の宿