Top >  作品紹介 >  第五作 男はつらいよ 望郷篇 封切1970年8月26日

第五作 男はつらいよ 望郷篇 封切1970年8月26日

監督: 山田洋次    脚本: 山田洋次、 宮崎 晃

ゲスト: 長山藍子、井川比佐志、杉山とく子、松山省ニ

ロケ地: 千葉県浦安市、北海道札幌市・小樽市

上映時間: 88分

寅さんが世話になったやくざの親分、政吉(木田三千雄)が危篤ときいて北海道に駆けつけると、親分は、昔捨てた息子にひと目会いたいと泣く。
寅さんは国鉄の機関士になっている息子(松山省ニ)を探し当て、親分と親子の対面をさせようとするが、傷心の息子はそれを断る。

まじめに機関士として働く息子の姿に心を動かされた寅さんは、自らも額に汗して働く決意をし、浦
安の豆腐屋に勤めることになる。
本当は豆腐屋の娘節子(長山藍子)がお目当てなのだが、節子には恋人(井川比佐志)がいることがわかって失恋。
やっぱり勤労には稼がなかったと悟って旅に出る寅さんでした。


HDリマスター版はこちらがお得! 相変わらずの根強い人気ですねぇ。
↓ ↓ ↓ ↓

男はつらいよ 望郷篇 HDリマスター版(初回仕様)(DVD) ◆20%OFF!

 <  前の記事 第四作 新・男はつらいよ 封切1970年2月27日  |  トップページ  |  次の記事 啖呵売 第一作より寅さんの台詞  > 





延滞料なし!忙しい人のためのオンラインDVD&CDレンタル『TSUTAYA DISCAS』

プロに聞いちゃおう!クチコミおすすめ国内旅行【JTB スタッフけんさくん】

京都おこしやす.com

クチコミで選ばれたじゃらん人気宿ランキング。

全国の名産・特産お取り寄せ 47CLUB

温泉遺産の宿